ノンアルコールビールin台湾

まずはビール、な季節がやってきました。うれしい (=^~^)o∀

休肝日にはノンアルコールビールも好んで飲んでいます。
「ビールが無いなら炭酸水を飲めばいい」と飲んでいた時期もありましたが、
今の所 炭酸水≦ノンアルコールビール が勝ってるかな。
シュワっとしていて、甘くなく、しょっぱいおつまみに合う飲み物が欲しい。ので本物のビールと交互に飲んでいます。 お気に入りはドイツ産のヴェリタスブロイ

そのノリで、甘くない炭酸水や、ノンアルコールビールを台湾のコンビニの冷蔵庫で探すと…. (´△`;) な!な〜〜〜い!

で替わりに見つけたのが黑麥汁

麦芽飲料、です。健康食品の扱いになるようです。結構ウマい!!

…と調べていて気付いたのですが、
子供の頃よく飲んでいた「ネスレミロ」も実は麦芽飲料だったのですね。チョコレート風味なのでココアだと思ってゴクゴク飲んでいました( ^-^)!

台湾版ミロ(美祿)雀巢

黑麥汁と一緒に買って帰って飲んでみよう。

広告

いつも使用しているデジタルカメラ

さて…高雄ネタから逸脱しますが、使っているカメラのお話です。

  1. 2007年に初めて高雄に行った時に持っていたデジカメは
    sonyのcybershop(DSC−U10)でした。当時はソニー大好きでケータイ、パソコン、MD、身の回りをソニー製品で固めていました。この子は2002年から随分長い事付き合ってました。片手で隠れるくらい小さい☆

    更に単四電池で稼働するしとても気に入って使っていましたが、ある日…消失。
  2. デジタル2機目は、RicohのCaplio Rシリーズを2種類。
    当時、CODE MAGAZINEというオランダの雑誌に掲載する「東京のファッションスナップ」を撮るのに必要な画素数が500万画素だったので、いそいそとヨドバシカメラに行ってお兄さんに勧められるまま購入

    あとは学生時代からの憧れ「GR」のメーカーだ!という信頼感とミーハー心を満足させる憂いやつ。メンテに出した後、家族にもらってもらいました。
  3. 4台目は GR DIGITAL II

    (1)片手で握れる…という理由、(2)ミーハー心!という理由は置いておいて、(3)最短1.5cmのマクロ撮影が可能というのが一番の理由です。
    Caplioとの大きな違いは“単焦点”であること(ズームできないってこと)。まだまだ現役です。パーティカメラと言われる薄さ、軽さが良すぎて手放せません。
  4. 5台目は GXRにGR LENS A12 50mmのカメラユニット
    GR Digital Ⅱの広角レンズにはない“寄り”が欲しかったのと後ろボケが美しいことが決め手でした。食べ物が美味しそうに写る(気がする)のはモニターが鮮やかで大きいからかな。高雄にも相当ご同行頂いてますよ、こちらも現役。
  5. 6台目は浮気心で SIGMA DP2x
    特徴の“Foveonセンサー”をうまく使いこなせた時は「よっしゃー!」と気持ちが上がる1台です。悩ましいピント合わせも個性。ヨシヨシと撫でながら使っております。
  6. 待ってました、一眼レフ。CANON EOS 5D

    「ポートレイト撮影で必要になった!」と機材で困っていたら、知り合いのカメラマンさんが譲ってくださった良品。レンズはフィルム時代の手持ちの数本が使用できるのでこれに決めました。「ガショコン!!」って音がたまりません。CFカード使うの久々〜。
  7. (余談)体験したライカの世界 Leica Camera Xシリーズ

    「ライカいいよぉ、うまくなるよぉ」と素敵なアドバイスを聞いて、お試し撮影会で触らせてもらいました。青と黒が綺麗に出るよなぁ、という印象が残りました(雨の日だったからかな)。もう少し腕を上げてからトライしたい機材ですね٩( ‘ω’ )و

(体験その2)OLYMPUS PENも体験会で使ったことありました。フィルターが多彩でボタンや表示が女心をくすぐる感じ。女性向けのアクセサリーも豊富で、これも憧れですね。PEN-Fを最近触らせてもらった感触も手になじんでシャッターを切って楽しかった!!

結論としては、どんなカメラを使っても自分の写真は撮れるってことです。これを撮るにはこの機材という相性はありますがあくまで目安。例えば、4台目以降は「絞りとシャッターをMマニュアルで設定できる」という自分の好みに合わせて選んでいるのでした。

書き出してみてわかったのは、案外使ったことのある種類が少ないな…という点。もうちょっと冒険してみてもいいのかも。「隣の芝生は青い」とも言いますが。

次回は、フィルムカメラの経歴も書いてみようかな。

[My LOHAS]光と影. [ 黒 ]をコントロールしてみよう

祝5本目の投稿記事が掲載されました!わーい、ありがとうございます。

光と影。「黒」をコントロールしてみよう

(画像はMY LOHASより引用)

こうやって並べてみると、時期も場所も道具も違くたって”それ”らしくなるものだな、公にすることで第三者的な目で見られる気がします。面白い経験させていただいてます。さ、目指せ10本!!

さぁて 次回の臺灣は??


日曜日の夕方のTVのような歌い出しですが、「次に行ってみたい所」です。
ついつい行き慣れたところで撮影しがちなのですが、もう少し足を伸ばそうと思っています。

  1. まずは高雄から新幹線(台灣高鐵)でGO!!

    新幹線で北上するのって新鮮〜。
    そうそう、故宮の南院が嘉義にOPENしたので乗車券との割引も!

    画像はhttp://tholiday.thsrc.com.tw/TC/index.aspxより引用
  2. 台中・宮原眼科
    以前このお店のお菓子をおみやげにどうぞ〜と高雄のご近所さんからいただいた2箱もらった時(箱だけ持ち帰りたい!)って心で叫びました。預け荷物で潰れちゃう宿命なので中身だけ少しもらって泣く泣く帰ってきた…。デザインの良い箱とか包装紙をとっときたくなる昭和心。

    日出食品さんの甘い魔法にかかりに行きたいです。
    画像はhttps://www.dawncake.com.tw/shopping.phpより引用
  3. 台北・1839當代藝廊
    2015年の秋に参加した台湾フォトの主催ギャラリーです。会期中のギャラリーは次回展示の準備真っ最中でしたので、通常営業の時に見に行って見たい!!どんな客層なんだろうとか作家のセレクトが気になります。

    たっぷり刺激を受けた帰り道、「美しい本屋さん」と名高いVVG Something 好樣本事 に行って日本の写真集を眺めて落ち着く。。。誠品信義店にも寄る!(真夜中の2時頃でも開いていたころがお懐かしい…)
    画像はhttp://www.1839cg.comより引用

1日で全部はこなせないかもしれませんが、あくまで希望は高く、撮れ高も高く。調べているだけでも楽しい☆