いつも使用しているデジタルカメラ

さて…高雄ネタから逸脱しますが、使っているカメラのお話です。

  1. 2007年に初めて高雄に行った時に持っていたデジカメは
    sonyのcybershop(DSC−U10)でした。当時はソニー大好きでケータイ、パソコン、MD、身の回りをソニー製品で固めていました。この子は2002年から随分長い事付き合ってました。片手で隠れるくらい小さい☆

    更に単四電池で稼働するしとても気に入って使っていましたが、ある日…消失。
  2. デジタル2機目は、RicohのCaplio Rシリーズを2種類。
    当時、CODE MAGAZINEというオランダの雑誌に掲載する「東京のファッションスナップ」を撮るのに必要な画素数が500万画素だったので、いそいそとヨドバシカメラに行ってお兄さんに勧められるまま購入

    あとは学生時代からの憧れ「GR」のメーカーだ!という信頼感とミーハー心を満足させる憂いやつ。メンテに出した後、家族にもらってもらいました。
  3. 4台目は GR DIGITAL II

    (1)片手で握れる…という理由、(2)ミーハー心!という理由は置いておいて、(3)最短1.5cmのマクロ撮影が可能というのが一番の理由です。
    Caplioとの大きな違いは“単焦点”であること(ズームできないってこと)。まだまだ現役です。パーティカメラと言われる薄さ、軽さが良すぎて手放せません。
  4. 5台目は GXRにGR LENS A12 50mmのカメラユニット
    GR Digital Ⅱの広角レンズにはない“寄り”が欲しかったのと後ろボケが美しいことが決め手でした。食べ物が美味しそうに写る(気がする)のはモニターが鮮やかで大きいからかな。高雄にも相当ご同行頂いてますよ、こちらも現役。
  5. 6台目は浮気心で SIGMA DP2x
    特徴の“Foveonセンサー”をうまく使いこなせた時は「よっしゃー!」と気持ちが上がる1台です。悩ましいピント合わせも個性。ヨシヨシと撫でながら使っております。
  6. 待ってました、一眼レフ。CANON EOS 5D

    「ポートレイト撮影で必要になった!」と機材で困っていたら、知り合いのカメラマンさんが譲ってくださった良品。レンズはフィルム時代の手持ちの数本が使用できるのでこれに決めました。「ガショコン!!」って音がたまりません。CFカード使うの久々〜。
  7. (余談)体験したライカの世界 Leica Camera Xシリーズ

    「ライカいいよぉ、うまくなるよぉ」と素敵なアドバイスを聞いて、お試し撮影会で触らせてもらいました。青と黒が綺麗に出るよなぁ、という印象が残りました(雨の日だったからかな)。もう少し腕を上げてからトライしたい機材ですね٩( ‘ω’ )و

(体験その2)OLYMPUS PENも体験会で使ったことありました。フィルターが多彩でボタンや表示が女心をくすぐる感じ。女性向けのアクセサリーも豊富で、これも憧れですね。PEN-Fを最近触らせてもらった感触も手になじんでシャッターを切って楽しかった!!

結論としては、どんなカメラを使っても自分の写真は撮れるってことです。これを撮るにはこの機材という相性はありますがあくまで目安。例えば、4台目以降は「絞りとシャッターをMマニュアルで設定できる」という自分の好みに合わせて選んでいるのでした。

書き出してみてわかったのは、案外使ったことのある種類が少ないな…という点。もうちょっと冒険してみてもいいのかも。「隣の芝生は青い」とも言いますが。

次回は、フィルムカメラの経歴も書いてみようかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中