台湾映画 "太陽の子" (太陽的孩子)を観てきました

私、昔から涙もろいのです。とはいえ本当に涙腺が震えないとなかなか泣けない。

私は生まれも育ちも日本人で、台湾人ではありませんが不思議と台湾映画には「… (´;д;`) 」なにか、を心から引き出す力があるようです。


今回の映画 “太陽の子” (太陽的孩子)、は9/10に杉並区で開催されたまるごと台湾フェアで初めて観ました。

が、実は伏線があったことに後々気づくのです。今夏、高雄の藝術特區に行った時に風和日麗で太陽的孩子のコースターをプレゼントに貰ったこと。店内で何種類もCDの視聴をさせてもらった私に、嫌な顔ひとつせずお店のお姉さんが「私の一番FAVORITEはSuming-舒米恩よ、太陽的孩子は観た?」と映画のサントラをお勧めしてくれていたのでした。謝謝小姐〜♪

杉並で1回目見ただけでは足りずに、翌日静岡まで2回目を見に行きました。(鎌倉約會の予定を変更して、東海道線を乗り継いで静岡まで行った2人組(笑))

実際に観てみてどう感じたか…はね、「今度の休みは、おじいちゃんの顔見に帰ろうかな」「今度母親に会ったら素直に“ありがとう”を伝えよっかな」みたいな。灯油ストーブでコトコトあたたまった感じ(どんなだ!)。私の祖父たちは天国に居るのでお墓参りで会いに行くとして、母には会えるので少しずつ会う機会を増やしています。照れくさいけどね、触れて話せる期間て限られてるって最近感じるのです。

学生時代に見た映画「ワンダフルライフ」で是枝裕和監督の映像美を知ったのですが、先日見た「海よりもまだ深く」に通じる、ほっとする画作りを太陽の子にも感じました。草の、風の、雨の“匂い”がする。こんな風に写真が撮れたらいいなぁ。見た人が「家族を含めた自分を、いとおしく想う」感覚をふんわり思い出す“あたたかい”なにか。

  • 太陽的孩子PIXNET(一期一會影像製作有限公司)
  • 野嶋剛「太陽の子」上映プロジェクト fb

  • 予告編でも出てきますが、弟くんがママが残した留守電を聞きながら「うん、わかった…」って電話に向かって答えるシーンから泣ける。一度でも鍵っ子したことある人は同感できる心細い感情に刺さる。

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

    Google フォト

    Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

    %s と連携中