film

【てくてく戸越】東京都品川区

レコード、カセットテープ、MD、CD、ダウンロードする音楽。
8mm、ビデオテープ、レーザーディスク、DVD、ネットで見られる映像。

いろんな媒体を体験している、ちょうどいい時代に生まれたんだと思う。

フィルムが生産されていて、カメラを修理してくれる人がいて、現像やプリントをしてくれる人がいる間は、使い続けようと思う。

広告

いつも使用しているデジタルカメラ

さて…高雄ネタから逸脱しますが、使っているカメラのお話です。

  1. 2007年に初めて高雄に行った時に持っていたデジカメは
    sonyのcybershop(DSC−U10)でした。当時はソニー大好きでケータイ、パソコン、MD、身の回りをソニー製品で固めていました。この子は2002年から随分長い事付き合ってました。片手で隠れるくらい小さい☆

    更に単四電池で稼働するしとても気に入って使っていましたが、ある日…消失。
  2. デジタル2機目は、RicohのCaplio Rシリーズを2種類。
    当時、CODE MAGAZINEというオランダの雑誌に掲載する「東京のファッションスナップ」を撮るのに必要な画素数が500万画素だったので、いそいそとヨドバシカメラに行ってお兄さんに勧められるまま購入

    あとは学生時代からの憧れ「GR」のメーカーだ!という信頼感とミーハー心を満足させる憂いやつ。メンテに出した後、家族にもらってもらいました。
  3. 4台目は GR DIGITAL II

    (1)片手で握れる…という理由、(2)ミーハー心!という理由は置いておいて、(3)最短1.5cmのマクロ撮影が可能というのが一番の理由です。
    Caplioとの大きな違いは“単焦点”であること(ズームできないってこと)。まだまだ現役です。パーティカメラと言われる薄さ、軽さが良すぎて手放せません。
  4. 5台目は GXRにGR LENS A12 50mmのカメラユニット
    GR Digital Ⅱの広角レンズにはない“寄り”が欲しかったのと後ろボケが美しいことが決め手でした。食べ物が美味しそうに写る(気がする)のはモニターが鮮やかで大きいからかな。高雄にも相当ご同行頂いてますよ、こちらも現役。
  5. 6台目は浮気心で SIGMA DP2x
    特徴の“Foveonセンサー”をうまく使いこなせた時は「よっしゃー!」と気持ちが上がる1台です。悩ましいピント合わせも個性。ヨシヨシと撫でながら使っております。
  6. 待ってました、一眼レフ。CANON EOS 5D

    「ポートレイト撮影で必要になった!」と機材で困っていたら、知り合いのカメラマンさんが譲ってくださった良品。レンズはフィルム時代の手持ちの数本が使用できるのでこれに決めました。「ガショコン!!」って音がたまりません。CFカード使うの久々〜。
  7. (余談)体験したライカの世界 Leica Camera Xシリーズ

    「ライカいいよぉ、うまくなるよぉ」と素敵なアドバイスを聞いて、お試し撮影会で触らせてもらいました。青と黒が綺麗に出るよなぁ、という印象が残りました(雨の日だったからかな)。もう少し腕を上げてからトライしたい機材ですね٩( ‘ω’ )و

(体験その2)OLYMPUS PENも体験会で使ったことありました。フィルターが多彩でボタンや表示が女心をくすぐる感じ。女性向けのアクセサリーも豊富で、これも憧れですね。PEN-Fを最近触らせてもらった感触も手になじんでシャッターを切って楽しかった!!

結論としては、どんなカメラを使っても自分の写真は撮れるってことです。これを撮るにはこの機材という相性はありますがあくまで目安。例えば、4台目以降は「絞りとシャッターをMマニュアルで設定できる」という自分の好みに合わせて選んでいるのでした。

書き出してみてわかったのは、案外使ったことのある種類が少ないな…という点。もうちょっと冒険してみてもいいのかも。「隣の芝生は青い」とも言いますが。

次回は、フィルムカメラの経歴も書いてみようかな。

Fotomar(ふぉとまる)で林百貨の話題が

オリンパスプラザ東京で開催されている四人展、Fotomar(ふぉとまる)に行ってきました。

女性フォトグラファー4人(植田修子さん金森玲奈さんコムロミホさん鈴木さや香さん)それぞれのテイストがいい具合に融合しているイベントスペースでは、欲しくなるグッズがいっぱい!手作りブローチも欲しかったなぁ♪(´ε` ) 撮って満足→のその先を「かなり具体的に」提案してくれている感じがしました。

流木で作ったハンガーや、クリップボードに、旅先の光景をパチンと留めて壁に飾る。写真を封筒にしてしまう!特許出願中のアイデアには脱帽です。そういうアプローチがあったかー。

テーブルいっぱいに広げて展示されているポストカードの豊富さは圧巻です。4人それぞれが見てきた、撮ってきた光景の一部をちょこっと見せていただくしあわせな空間。
「そこ」に行った気になります(≧∇≦)

(画像はふぉとまるfacebookより)

  • Fotomar(ふぉとまる)
    会期 2015/11/13〜15
    東京都新宿区西新宿1-24-1エステック情報ビルB1
    AM11:00〜PM19:00
    Tel:03-5909-0190
  • ***
    その時の会話で 林百貨の話題が出ました!うれしいぞ〜。「オモロイ台南」著者でイラストレーターのヤマサキタツヤさんと妹のハナコさんの投稿でもしばしば話題になる林百貨です。実は中に入ったことがあるのは一回…

    (画像は林百貨facebookより)
    中正路と忠義路二段の交差点は、何度も通りすぎて林百貨の外観は何遍もお見かけしてます。土地銀行にもまだ入ったことがないなあ。次の目標☆

    台湾フォト2015に参加してきました

    久しぶりの投稿です、こんにちは。
    すっかり秋!半袖をしまって衣替え…。
    展示  Taiwan Photo Fair 2015

    期間  2015/10/01-04

    場所  新光三越信義新天地A9館
    門票  1日券200TWD(学生180TWD)
    URL Taiwan Photo Fair | 台灣攝影藝術博覽會TAIWAN PHOTO
    「参加が決まってから、あれよあれよという間に本番…で終わってみたらあっという間だった」とよく耳にしますが、いやはや本当にその通りでした。
    思い出せる範囲で書いてみるとこんな感じ。
    [事前]
    ・参加に向けてのプレゼン
    ・同じブースの方々と顔合わせ
    ・航空券とホテルの予約
    ・参加費の振込
    ・カタログ掲載データの送受信
    ・展示するカットとサイズを決める
    ・ブース内の展示レイアウト
    ・英文、中文レッスン
    ・レンタルフレームの申請
    ・プリントするラボ探し
    ・マット注文
    ・プリントとブック作り
    ・名刺とDMの印刷
    ・主催者へのお土産
    ・写真イベントに足を運んでイメトレ
    ・国内でのプレスリリース
    ・普段の旅行とは違う中身で荷造り
    [現地で]
    ・ネット環境確保(simフリー携帯欲しい)
    ・釣り銭準備(100圓札があるとタクシーに乗りやすい)
    ・悠遊カードがあると便利
    ・地図とガイドブック欲しかった

    などなど…。終わってみれば反省がたくさん。よかったこともたくさん。

    お世話になった皆様、ありがとうございました。
    明年見〜、だといいな☆

    持っていく荷物(その2)〜手荷物編〜

    さてさて、第二弾です☆

    手荷物編

    1. パソコン
    2. ラップトップパソコンは、デジカメの保存用にいつも念のため持っていきます。荷物検査の時にトレイを3個くらい使いますよ…検査後にリュックに詰め直す時間も余裕を持っておきます。

    3. 充電器
    4. 文明社会の利器…結構これが重いです。パソコンの、カメラの、携帯の、延長ケーブルや変圧器もあるので。

    5. 携帯電話
    6. wifi環境が整っている台湾だと、日本で使っている携帯をもってけばメッセージのやりとりや、インターネット通話ができて便利です。「着いたよー」とか「もうすぐ帰るよー」とか「おみやげ何がいい〜?」とか、大した用事じゃなくても気軽に話せますよ。

    7. iPad mini Cellular
    8. 台湾のsimカードを挿して通信用に使っています。インターネット共有する、にすればルーターとしても使えて便利。何年か使っていたら最近ちょっと具合が悪い…

    9. 着替え
    10. 服装は、洗濯しても乾きやすいもの。寝間着。現地で履くサンダル。

    11. リュック、買い物袋、無印の大きめバック
    12. 台湾のコンビニもスーパーも袋は有料です。お土産とかを買うってわかっている時は大きめのバックを持っていきます。帰りの荷物が増えた時にも使えるよー。たたんで小さくなる軽量バックがお勧めです。

    13. パスケース
    14. 以前に羽田空港で2枚入れても影響しあわないパスケースを見つけて便利に使っています。これなら悠遊カードとiPASSを併用しても大丈夫かな…今度試してみよう!

    15. 台湾財布
    16. 普段使っている財布に、両国の小銭が混ざるとちょっとややこしい…せめて小銭はがま口に入れてわかりやすくするようにしています、個人的に10圓と100円が似ていて間違えやすい(^_^;)

    17. ガイドブック
    18. 重くなる…!とわかっていても文字情報は欲しい。1冊はぜったいに持っていきます。ぜ….ったいに行きたい(けど1冊持ってくのは迷ったら)部分的な情報を携帯でパシャリして少しの軽量化を図ります。

    19. 台湾観光局でもらえるプレゼント
    20. デザインが可愛いのに実用的!最高の☆自分へのお土産です。持っていって楽しい♪お持ち帰りしても楽しい♪なんどでも楽しめる。今度は何かなーって告知を楽しみにしています。

      こんな感じでしょうか。。。いつも荷物が重たい。でも中身は荷物、だけじゃなくて思い入れとかお土産話とか楽しさそのもの。リュックにいっぱい詰め込んで、でかけましょーかー(人´∀`).☆.。.:*・゚

    各ページから画像を引用させていただきました。ありがとうございますm(__)m

    持って行く荷物(その1)

    何度やっても、荷造りは大変!そして楽しい♪

  • 着ようと思う服は、一週間前位から部屋に吊るしておく
  • というのは、私の伯母から聞いたやり方です。初めの頃はいちいちノートに「着たい格好」と「できるだけ荷物を少なくできる組み合わせ」の競り合いみたいなことを前の晩にやっていて、そうすると時々「あ!さっき洗濯回しちゃった〜」とか「今日着ちゃったよ…」と泣いたことが何度か。最近は「足りなかったら夜市で買えちゃう、うふふふ」と買って現地で買うイメージまで持って出かけます。そうすると想像していた欲しいものに出会えたりするのでとっても不思議。

    1. スーツケース

    2. 私のスーツケースは93リットル!大きいでしょう。2つともAmazonで買いました。届いた時はとってもうれしかった!
      行きはご近所に配るおみやげとか「買ってきてー」と頼まれた食材や日本の本でパンパン。帰りは軽くなった分「台湾ティッシュ」を買ってくるので容積はたっぷり、でも軽い。という往復を繰り返す中で適当なサイズになりました。普通の旅行ならばこんなに大きい必要はありません。夏場は服も薄いし。

    3. パスポートケース

    4. MUJI無印良品のパスポートケースを愛用しています(時々使わない時もあるけれど)。パスポート、Eチケットの写し、お札や各種カード、鍵、小銭…必要かなーと思う物は、出発前にどんどんこのケースに集めておきます。ジップをしめても外にポケットもあるのでサイズが大きい時はそこに差し込みます。とっても便利。

    5. カメラバック

    6. アルティザン&アーティストのカメラバック☆ずっと憧れていました。おしゃれで機能的!「デジカメはフィルムカメラより雨に弱い…」という理由で自分を納得させて、数年前に導入しました(自己満足もあるけれど、ベルトの太さや全体の重さをよく計算してあるなあと使っていて感じます)。
      台湾行きの時に、リュックかショルダーか…毎回悩んで結局リュックで持ち運ぶのですが、現地に着いてから撮影に動く時はショルダーのほうが俄然!稼働力があるよなぁと毎回思っています。レンズ交換したり、カメラを出し入れするにはショルダーが◎、しかし機内持ち込みにカメラやパソコンを持って入ることを考えると…収納力を優先させてしまうのが現実です。

    7. カメラ

    8. 手荷物が重くなる理由その1。フィルムカメラとデジタルカメラを両方持っていく、これは減らせない(今重さを計ったらカメラだけで3キロくらいありました!)。付随する、「充電器」「メモリ」「フィルム」「替えのレンズ」諸々を入れると…ずっしり肩に食い込んできます。性格的にSかMかと問われたら断然Mです!
      今は軽くてよく撮れるカメラが豊富なのでどうか真似しないで下さい(^O^)☆

    9. フィルム

    10. さて、フィルムも随分値上がりしてきましたが、まだまだ現役で使っていますよー☆
      荷物検査場で「フィルムをX線に通さず手でチェックお願いします。」と必ず声をかけます。これはみなさんやっていることのようです。係員さんによっては「高感度フィルム以外は通します」という方もいらっしゃるので絶対ではないですが、「できるだけクリアな写真を持って帰りたいの(お願い!)」という意志をできるだけ伝えています。

    続きはその2で…

    HP公開しました。

    写真用のページです。
    いつか自分をプレゼンする時の為に…と温めて来ましたが、実現しました。

    http://chiekoda.wix.com/photo

    随分前に作ったページは閉じてしまいました。写真を載せることに抵抗があったのですが、今はなにか主軸になるものが欲しいなと思い立ち上げました。
    WordPressの講習を受けた2年前は、ドメインを取ってこれでやろう!と思ったのですが、その時たまたまサーバー不具合とかでうまくいかず、延び延びになっていたところtumblrとwixを勧められました。
    いつか自分のドメイン取りたいなあ〜。

    使っているカメラについて

    フィルムで撮る時は

    Konica Bic mini f

    Ricohflex
    Pentax67
    Canon EOS
    デジタルで撮る時は
    Sigma DP2x
    Ricoh GXRかGR2
    Canon 5D
    iPhone6
    を使っています。
    その時々によって使い分ける、のが自分流かなと思いますが細かく言うとどんなレンズを使う、感度をいくつにする、ズームを使う…などなど、気を使うところは多々ありますが
    撮るのが楽しい!
    面白いものを発見したワクワク感!
    が、如実に表れてくれたらいいなと思っています。
    具体的には、落ち着いて撮れる時は全手動。コンマ一秒も惜しい時は全自動。
    時々、それがズレてわたわたすることがあります。
    これは、2011年の震災の後、杉林渓の牡丹展です。
    自身は大きな被害に合わなかったのですが、こんな時だからこそ!と知り合いの方が連れ出してくれました。
    複雑な面持ちだったのを覚えています。素直に楽しめなかったのがとっても残念なので、再訪したいところです。