taiwanbooks

【台湾を鉄道でぐるり】大西稚恵著

なにげなーく、書籍の検索で「台湾」を押したら、去年今年とドサドサ新刊が出ていてビックリ!

特に台中、台南、高雄など、台北以外の西側と、花蓮、宜蘭、屏東など東側を取り上げたものが多いのがうれしい。

この本もイラストや字体がかわいらしい、女性向けになっていたり、めずらしくホームステイの仕方も載っていたり、鉄ちゃんでなくても行きたくなる場所や情報が満載です。

特に好きな理由は、

私は横開きの本が好きだ!

だからこういう台湾本が出るとすごくすごくしあわせ♡

(読む時にスペースが必要だから満員電車の中には向かないけれど)

多分ヨコ位置の写真、が好きなのにも通じるんです。

本、て
サイズ感、インクの匂い、手触り、全部作り手の愛情がにじみ出てしまうと思うのです。

だから内容も大切、見た目も大切。

本離れ、とか言われるけれど実はそういうのが見直され始めてる気がするこの頃。

おっ!と。本筋から外れましたが、次回はこの一冊を持って、東部のバッグ屋さんに行きたい。

確か駅から遠いんだ〜。暑いだろーなぁ😵

taiwanbooks

【電車でぐるっとよくばり台湾】とまこ著

これを読んで台北の耳かきのお店、行きました。超絶な気持ち良さ…を期待したら、三割くらいで「なぁ〜んだ」と思う気持ちの中に、ガッカリ感というよりは満足感が大きかったのを覚えています。

この本を読んだころはあまり冒険しなかった自分、「1個くらい、本に載ってる所に行って体験してみよう」と動き出したら、結果楽しかった。

  • 烏來、行ってみたいな。
  • a la shaで買い物してみたい(ウインドウショッピングは時々してるけど)。
  • が次の目標!

    あと、
    本て、こんなに楽しんで作っていいものなんだな!もっとストイックなものかと思ってたから衝撃でした。

    taiwanbooks

    【図説 台湾都市物語】後藤 治,王 惠君,二村 悟 著

    2012年の冬ころ、不思議な体験をしました。

    頭蓋骨の上半分がぱかりと外れたような、のび太の机の引き出しを開けてタイムマシンに乗り込んだ瞬間のような浮遊感。

    橋頭砂糖工場跡地の一角で、異空間に落ちてしまったようにぼーっとしておりました。

    一時間もそこにいたような気がしますが、本当のところ10分ほどだったのかもしれません。

    周りの音も聞こえず、人もいない、ただ建物と空と、風に揺れる草花だけ。あ、あと私。

    胸がきゅうううっと締め付けられて苦しいような、もわっとした空気に浮かされて心地いいような、変な感覚。

    「今度はフイルムカメラで撮ろう」と頭で繰り返し考えていました。

    実際、橋頭にその後何度も通っていますが、毎回新しい発見がある。広い敷地、改装中、ということもありますが、四季を通して色も空気も変わります。

    他にもそんな浮遊感のある場所があるだろう、とこの本を手に取り、高雄ではほぼ行き尽くしましたが、撮影時とだいぶ趣きが違っていたり、立ち入り不自由になっていたりするものも多く、貴重な本の一つになりつつあります。

    学術としての歴史、建築物、の見解がよくわかって、不勉強な私にはぴったりでした。

    今は、ここには載っている建造物の付近をうろうろして、新たな浮遊感を探しています。

    taiwanbooks

    【子連れ台北】佐々木千絵著

    丸っこくて、手描きの線が好ましく、色合いも好きです。

    お子さんの顔や動きがチクタクころころ、時計の早回しのようで、あいらしいです。

    こぞって台南推しな昨今、そうはいってもはじめての台湾は台北でしょ。って声に応えている一冊です。家族づれにもやさしい街だよって。

    自分のペースで、歩いたり食べたりできる、大人な私はついその自由さを忘れがちですが、

    ベビーカーや車椅子、の家族と出かける時は慎重になります。

    時間も余分に見ておいて、水飲んだ?トイレは?って先に先に意識をやりますが、

    そうは言っても予定外が起きたら。するもので。

    困ってる時に周りの人が助けてくれたら声をかけてくれるのがありがたい!って感じました。

    台湾では、階段の昇り降りでスーツケースを抱えていると、誰かが持ってくれて、道を空けてくれる。

    自分もそうありたいなぁと思います。

    key

    【てくてく台北】台北市内

    台湾の町中で見かけるイラストって、憎めないし愛らしい。こういう立ち位置に憧れる…。

    描いている人の「楽し〜♪」って気持ちがダイレクトだからだろうか。

    自分には「考えすぎる」くせがあって、写真にそれが顕著に現れると凝り固まってしまう。

    考えなさ過ぎてユルいのもよろしくないので、「!」と心が動いた瞬間に対して正直になりたい。

    日々修行ナリ。

    heal

    【てくてく台北】瑞芳行きのバスの中

    • 歩く速度、写真を撮ったり、何かを発見するにはちょうどいい。
    • 自転車に乗る、ちょっと足を伸ばすのにちょうどいい。信号とか駐輪には困らない。
    • バスに乗る、運賃の支払い方法がいろいろあるけど、あちこち行ける。待つ。
    • 地下鉄に乗る、トンネルの外に出たときの開放感。待たずに来る。
    • 電車に乗る、お菓子とビールとかあって進行方向に向いた席に座れるとうれしい。
    • タクシーに乗る、運ちゃんにいろいろ預ける。新しい道を覚えられる。
    • 新幹線に乗る、携帯の電波が間に合わないこともあるけど、快適。高い。
    • 飛行機に乗る、現時点でのどこでもドア。

    で、行った先では歩く。身体にもいいと思う。

    時々バイクに乗りたくなるのでφ(..)メモ。

    [MYLOHAS]心の栄養補給になる 橙色に惹かれる理由

    わ (*´∀`*)うれしい♪投稿10回目はだいだい(橙)色です。色鉛筆、クレヨン、クレパス、絵の具…絵を描く道具が好きなのは“色”があるからかな。なんて最近ふと感じています。塗り絵とかはじめてみようかしら…
    心の栄養補給になる。橙色に惹かれる理由


    (画像はMY LOHASより引用)

    最近気になっている「ものつくり作業場 atelier monotsukuri」のお教室。関西までシュパっ=3と飛んで行ったら参加できるかなー。行きたいなー。

    [MYLOHAS]やさしさをくれる色. 緑 に心奪われる

    投稿8回目は緑です。ページを更新するたびに「いいね」の件数が増えてる!つながってるんだと思ったらこのモニターの向こう側にいる誰かに伝わったのかもしれない、と素直に喜んでいます。ウレシイ(≧▽≦)〜♪
    やさしさをくれる色。「緑」に心奪われる


    (画像はMY LOHASより引用)

    写真も、文章も、引き続きがんばりますね。

    [MY LOHAS]七色のさきの光までも. 紫 を楽しむ

    今回は「紫」です。GWも終わり、もう初夏…ラベンダーが見頃の季節ですね。
    七色のさきの光までも。「紫」を楽しむ


    (画像はMY LOHASより引用)

    日々いろんなことにチャレンジできて幸せな一年だなぁと感じるこの頃。
    それもこれもたくさんの方のおかげ、感謝の気持ちでいっぱいです!

    Orchester & Chor AGORAでマタイ受難曲のアルトにも挑戦中( ^0^)θ~♪