timely

【てくてく鹿島・香取】茨城県鹿嶋市、千葉県香取市

花よりも花の如くの憲ちゃんたちカップルが車で二社を訪ねるエピソードを読んで、
「車がないと行けない」と(勝手に!)思い込んでいたのですが、

友人と「行きたいんだよねぇ」と話して調べはじめたら、案外日帰りで行けそうじゃない?とトントン拍子に行ってきました。

1日の流れはこんな感じ
7:40東京駅発 高速バス
9:40鹿島神宮駅着

11:23鹿島神宮駅発
11:44佐原駅着

15:56佐原駅発
17:48京成上野駅着

  1. 高速バス 東京→鹿島神宮
    ☆スイカ/パスモに残高がないと、チケットを買いに窓口へ走らないといけないので注意
  2. JR鹿島線
    鹿島神宮→佐原
    ☆「本数が少ないから気をつけて。乗りはぐると時間つぶす場所ないわよ」と観光案内所の方からアドバイス
  3. 鹿嶋市観光案内所
    ☆駅前でトイレはここの建物にあります(駅にはない)
  4. 鹿島神宮
    ☆無料ガイドあり(鳥居の下にいる「赤い帽子と赤いベストの方々」へ声をかけます)
    鹿島の御朱印は2種類、本宮と奥宮
  5. 香取神宮
    ☆「御朱印東国三社(香取神宮・鹿島神宮・息栖神社)お参りお済みの方は、受付の際お申し出下さい。お守りをお渡しします。」と社務所に書いてあった。スタンプラリーみたいでいいな
  6. 水郷佐原観光協会
    ☆駅前観光案内所でレンタサイクル500円で借りる
  7. 息栖神社はまたこんどね!

どちらも居心地のよい場所でした。こうごうしい、って神々しいと光光しい、ってことだな。と感じる空間でした。

広告

Saul Leiter

【てくてくソール・ライター展】東京都渋谷区

日本では2015年に公開された、映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』は、美しくおだやかな95分間のものがたりで、斯くありたい。と思いつつ2年近く経ってBunkamuraで直に作品を見ることができました。

ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展

雨の降る金曜の夕方、少し肌寒いな、という心地のまま入場。金土は20:30まで入場可能。

壁づたいに、並ぶ作品を見る人が等間隔に歩を進める、時間と空気が停まったような不思議な空間に身を置いて、

「ここは柩の中のようなものだ」

だからヒンヤリとしていて、粛々と進んでいくんだな。でもなんか哀しくない。

と、頭に浮かんだ途端、この箱の中から出られないような出たくないような不思議な心持ちになって

ソファに座って会場を眺めたり、好きだなと思った作品に近づいて絵の中に写り込む自分の顔を見て照れたり、気に入った日本語と英単語の表現をメモしたり。

あっという間の90分間。

写真家がこの世から去っても作品は残って、時間が経って、異国の地で展示会をしたらその国の人たちが、1950年代のニューヨークで作品をつくりつづける1人の男性に恋をする。

世の中って、なんて自由なんだろう!

少なくとも会場のお客さんたちはときめいていると感じた。ライターさんに、被写体の女性に、ニューヨークの曇った空気に。

私は未現像のフィルムたちに心惹かれましたよ!

GAW展PartIX in 東海道日坂宿 に出展します

7月に入りましたね…。熱気ムンムンで毎晩寝苦しいのですが台風がやってきたら少し熱雲を散らしてくれるのかな、と期待してます。
GAW展PartⅨ in 東海道日坂宿
今月、静岡県掛川市日坂宿で行われるアートイベント・GAW展に参加させていただきます。

1999年からはじまったこのアートフェア、今回で9回目ですが開催情報を見たらとっても豪華なゲスト陣と盛況さを感じて、今から楽しみです。

以下引用

    この夏、100人のアーティストにより、宿場町「日坂」の街並みが、現代アートの美術館となる!

1999年9月、新宿ゴールデン街から始まったGAW展は、新宿ゴールデン街に集うアーティストが中心となり、街並みを美術館化して行われるアート展です。国内外の都市や地域でも開催され、第9回目となる今回は、日坂宿を会場に開催されます。全国及び地元から集まった約100名のアーティストの、絵画、書、写真、インスタレーションなどの様々なアート作品が、路地や空き地、民家の軒先や壁などに展示され、多種多様な現代アート作品群が、美術館や画廊では味わえない、独創的で幻想的な空間芸術を楽しめます。

  • 開催概要
  • 2016.7.23(土)〜8.27(土)
  • オープニング・セレモニー 7.23 15:00〜
  • 主催:日坂地区まちづくり協議会 GAW展実行委員会
  • 後援:掛川市 掛川市教育委員会 掛川観光協会 静岡新聞社・静岡放送 中日新聞東海本社
  • 連絡先:日坂地区GAW展実行委員会 実行委員長 袴田重由
  • TEL&FAX:0537-27-1554
  • 日本語を話せる台湾の人たち

    ものすごく仰々しいタイトルですね。

    徒然なるままに最近の出来事を書いてみます。

    私は高雄でほぼ日本語しか話しません!(ごめんなさい…orz)が、
    必要に迫られてオンラインで先生と話せるサービスを使って英語や中文を練習し始めました。

    そんな矢先に、電話を2本台湾に向けてかけました。
    1本は台北在住の女性と言語交換するために、
    もう1本はホテルの部屋を予約するために!…((((;゚Д゚))))ドキドキ…

    (時々こんなイラストも描きます(苦笑))
    【言語交換の相手と】
    私:喂,你好…我是(私の名前).你是(相手の名前)小姐嗎?
    相手:はいー!もしもし、私は(相手の名前)ですよー。
    (こんな感じで1時間半…)

    【ホテルのサービスデスクの方と】
    私:あ…Japanese Speaker ..在嗎?
    ホテルの人:はい、私少しわかりますよー。予約ですかー?
    私:電話番号は (数字は言えるので台語で)です。
    ホテルの人:ゼロー、イチー、ニー、ゼロー(スムーズな)ですねー。はーいOKでーす。
    (わーい、無事予約出来ましたよっ!)

    あれ…?電話でも日本語しか喋ってなかった、私( ;´Д`)
    台湾人の日本語力にはすごーく感服致しますm(__)mありがたやー。

    きっかけ

    小学校2年生の時、校内バザーで初めて中古の漫画を買った。
    それが「キャプテン翼1-10巻」。
    握りしめていた100円玉数枚で母の許しを得て買ったのを覚えてる。

    翼くんと岬くんのようなベストコンビを組める自分になりたくて
    引っ越した後も頑張ってみたけど、ボールじゃなく「漫画が友だち」になった。

    繰り返し叱られて捨てられても懲りなかった漫画に対して敬意を持って
    「漫画家になろう」「アニメーターになろう」「声優になろう」とか
    いろいろ思いついたけれど、手元にはカメラがあって写真をやってる。

    今手元にあるのは、成田美名子の「花より花の如く」だけ。
    あとは手放してしまったけれど結構幅広くなんでも読んできた。
    今また読み直したいのは「プラネテス planetes πλανητεσ」。
    あとは、中学の時に読んでた「アドルフに告ぐ」「ブッダ」。

    「写真」に惹かれたり何となく意識が溶け込めたのは、
    「漫画」の基本、モノトーンと
    時々見開きで切り取ってとっておきたい位美しい巻頭カラーの美しいまとまり方、
    鼻で感じるすーんとした印刷直後のインクの匂い、等々近しい部分があったからかも。
    な〜んてふと思ってみた。

    あ、久しぶりに新規開拓したのは台湾で買った「老夫子」。
    タンタンシリーズのHergéみたいにシンプルな線とブラックユーモアで好き。
    また、行った時買ってこよう。

    空港での過ごし方

    空港が大好きです。

    ・出発
    ・お迎え

    …大好きです。

    ・到着

    …まあまあ好きです。

    よほど朝イチ出発の飛行機でない限り10分でも5分でも
    空港で用事を足したいと考えるので
    それに付き合う相方は毎回無言ですが。。。

    第一ターミナルと第二ターミナルをつなぐバスです。
    出発は第二で行きたいお店が第一にある場合これを利用します。

    エバー航空やANAで出発だと第一南
    中華航空やJALでは第二

    それぞれに良し悪しがありますが
    どちらかといえば出国前は第一が好きです。
    お店が多いし。

    一村一品村:モンゴル塩
    CHASIN:塩みつかりんとう
    TUSUTAYA:旅関連の本がそろってます
    UNIQLO:穴場です。ここでないはずのヒートテック(男性もの)が売ってました。
           新作もさることながらお買い得品や季節を問わず浴衣が売られています。

    あ、MUJIができるんですねー、うれしい。

    ちなみに出国後は第二の方が好きです。
    エクセルシオールのチーズドッグを食べて機内へ入る

    。。。最高ですがな。