timely

【てくてく鹿島・香取】茨城県鹿嶋市、千葉県香取市

花よりも花の如くの憲ちゃんたちカップルが車で二社を訪ねるエピソードを読んで、
「車がないと行けない」と(勝手に!)思い込んでいたのですが、

友人と「行きたいんだよねぇ」と話して調べはじめたら、案外日帰りで行けそうじゃない?とトントン拍子に行ってきました。

1日の流れはこんな感じ
7:40東京駅発 高速バス
9:40鹿島神宮駅着

11:23鹿島神宮駅発
11:44佐原駅着

15:56佐原駅発
17:48京成上野駅着

  1. 高速バス 東京→鹿島神宮
    ☆スイカ/パスモに残高がないと、チケットを買いに窓口へ走らないといけないので注意
  2. JR鹿島線
    鹿島神宮→佐原
    ☆「本数が少ないから気をつけて。乗りはぐると時間つぶす場所ないわよ」と観光案内所の方からアドバイス
  3. 鹿嶋市観光案内所
    ☆駅前でトイレはここの建物にあります(駅にはない)
  4. 鹿島神宮
    ☆無料ガイドあり(鳥居の下にいる「赤い帽子と赤いベストの方々」へ声をかけます)
    鹿島の御朱印は2種類、本宮と奥宮
  5. 香取神宮
    ☆「御朱印東国三社(香取神宮・鹿島神宮・息栖神社)お参りお済みの方は、受付の際お申し出下さい。お守りをお渡しします。」と社務所に書いてあった。スタンプラリーみたいでいいな
  6. 水郷佐原観光協会
    ☆駅前観光案内所でレンタサイクル500円で借りる
  7. 息栖神社はまたこんどね!

どちらも居心地のよい場所でした。こうごうしい、って神々しいと光光しい、ってことだな。と感じる空間でした。

広告

local

…おおっと。A to Zが三日坊主になっていました。

iphoneから更新できるからつづくだろう、と期待していたけれどなかなかずくなし体質は変えようとしなければ変わらないわけです。


【てくてく多摩市】東京都多摩市

お里が知れる、とか里帰り、
さと、という言葉に惹かれますね。

自分だと、どこなんだろう?といつも考えます。

拠り所として、今思いつくのは二箇所かな。

小学生の時に住んでいた多摩丘陵は、懐かしい風景です。

あの頃と比べて少子化が進み、出身校は廃校になったと、担任の先生から連絡がありました。さみしいですね。

とはいえ、身長が今の2/3くらいだった目線で見ていた景色は今でも鮮やかなのです。

journey

【てくてく鳥取】鳥取県鳥取市

ANAさん主催の“うっとり鳥取”モニターツアーで訪れた鳥取出雲旅。

着いたら暴風雨!砂丘には入れないし、らくだを撮るどころじゃない。

砂丘のそばの海鮮丼屋さんの窓から、暖かいお味噌汁を飲みながら眺めた光景。

「いつか!再撮(影)だ!」と心に決めた瞬間でした。だって、第二の植田正治になりたいの!

雨降ってたし予定狂いまくりだったけど楽しかった、みんな優しいし、ご飯は美味しいし、お湯は最高だった。

結果、山陰ファンになった3日間でした。

building

【てくてく小金井】東京都小金井市・江戸東京たてもの園

台湾の街中で、日本時代の建物がそこここに使われているのを初めて見た時は、「あれ?どっかで見たことあるような」不思議な既視感が。それからは、昔の白黒写真の映像とかで見ているまんまの町並みに「ああ!美しい」「ああ!ここも」ってシャッターを押しているんですが。

試合終了後、高校野球児たちの背中を黙ってポンポンとたたく監督とか先輩の姿、って美しいじゃないですか。そういう場に立ち会っちゃったら切るしかないでしょ。って、この言い方で伝わるんだろうか(笑)

あ、台南の林百貨や台中の宮原眼科のような今っぽいやり方のリノベーション案件も好きですよ。こっちは大活躍しているメジャーリーガーみたいな感じなのかな(瀑)。

台湾に足繁く通う内に、
あれ?気づいたら日本にも結構そういう建物って残っているし、同じように住んでいたりするんだなぁと気づいてからは積極的に巡っています。

たてもの園はジブリ作品と縁があるから見てみたかった。メイちゃんのお家でお茶してきたよ。メイドさんが愛らしかった♪

てくてく別所

【てくてく別所】長野県上田市

春のお彼岸、お墓参り。
今回は往復高速バスを利用して、日帰りしてきました。

シャトルバスは4月から運行なので、駅前でレンタサイクルを借りて、母代寺までのアップダウンをママチャリで疾走!(電気自転車は全部貸出中だった…)

お墓参りして、前山寺のくるみおはぎをいただいて、あいそめの湯に浸かって、別所線にコトコト揺られて昼寝して夕方に上田駅へ戻る。

いつものコース、、、より、ちょっとハードなコースだったかな。

自転車漕いで、普段よりアップダウンもあって、高速バスに5時間以上座ってたらさすがに身体はぐったり…かなと思うけど。

不思議と、独鈷山側から見下ろす塩田平を眺めて、深ーく息を吸って、温泉水をガブガブ飲んで、吹く風をまとって来ただけで、“洗われた”感じがしてスッキリしたんです。

花粉も一緒に連れて帰ってきたからクシャミが止まらーん!って後日談もありました(苦笑)。

今回の持っていったNew Faceヽ(゚Д゚*)人(゚д゚*)人(ΘдΘ)y

飛行機(時々電車やバス)に乗る前夜に荷造りをするのが日常になってまいりました。
なぜなら…「明日の朝使うもの」まで持って行こうとするからです!

「荷造りできたー?」って問われたら「はーい(○´w`○)ノ」って即答できるようになりたあい。
↑そんな話は置いておいて!

☆New Faceヽ(゚Д゚*)人(゚д゚*)人(ΘдΘ)y☆はこちらっ

  1. 折りたたみ傘
    ミシマガジンで読んだ益田ミリさんの記事を読んでいて「モンベルの86g」→モンベルで検索→トラベルアンブレラかな?と思い持って行ってみました

    雨が多くてさっと止む、台湾にしても日本にしてもそういう気候の時にはこの一本は大変便利、乾きやすいし!

  2. ポータブルリュック
    無印良品のたためるリュックサックを愛用していたのですが(愛用しすぎて♡)、底が少しずつ避けてきてしまい、縫っても縫っても追いつかないので、避難用にお下がりしようかな…と思っていた矢先に見つけたのがA&Fで見つけたチコバッグのトラベルパック

    前のと同じグレイが欲しかったから見つけた時とてもうれしかった(๑˃̵ᴗ˂̵)وサイドポケットが柔らかいので荷物が増えても安心、このサイズで背面にA4サイズが入るのも◎のポイントでした。

  3. スニーカー
  4. 台湾で上履きを買うで書いた月星のジャガー。軽い!その代わり中敷き必須。
    入れないままで尖った石を踏むと痛いよ…ΣΣil||li(:.;゚;Д;゚;.:)

それ以外は…レギュラーメンバーです。

  • フィルムカメラ2台(GR1v、CLE)
  • デジタルカメラ1台(GXRにS10 24-72mm F/2.5-4.4 VCを着けて)
  • 35mmフィルム30本(ISO200×10本、ISO100×20本)
  • 普段づかいはドンケのインナーバック何年使っても壊れない!丈夫。

[MY LOHAS]何色にも染まることができる基礎の色. 白を愛でる

6本目の投稿が掲載されました、うれしい!ありがとうございます。

何色にも染まることができる基礎の色。白を愛でる

(画像はMY LOHASより引用)

季節があっという間に夏に変わってきて、見えるものの色がどんどん明るく・濃くなってきている気がします。空の色も、草木の緑も、咲いている花の色も。長袖から半袖、ブーツからサンダル。ウールを仕舞って麻を出して、衣替えが楽しみになってきました。

さて、次は何色がいいかな…

[My LOHAS]光と影. [ 黒 ]をコントロールしてみよう

祝5本目の投稿記事が掲載されました!わーい、ありがとうございます。

光と影。「黒」をコントロールしてみよう

(画像はMY LOHASより引用)

こうやって並べてみると、時期も場所も道具も違くたって”それ”らしくなるものだな、公にすることで第三者的な目で見られる気がします。面白い経験させていただいてます。さ、目指せ10本!!

[番外編]てくてく乗鞍

東京からバスと電車を乗り継いで5時間半。

来ました!

Mt.乗鞍スノーリゾート | 信州・松本 天空のスノーリゾート

雪質が最高☆☆☆
北海道と同じパウダースノーでスキーもボードも楽しめます。
長野県と言えども、地域によってかなり雪質が変わるので地の利とも言えるのでしょう。
この日は天気に恵まれました。山は真っ白。
レベルに合わせたコース展開なので、お子さん連れからプロ競技者の練習用まで幅広く対応してくれるのも二重丸◎。
標高3026mの乗鞍岳、夏のシーズンも避暑客と登山者に持ってこい。毎年行われるマウンテンサイクリングの大会には全国からサイクリストが集います。松本平から自転車で登ってくる強者も!!
詳しくは

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍