Saul Leiter

【てくてくソール・ライター展】東京都渋谷区

日本では2015年に公開された、映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』は、美しくおだやかな95分間のものがたりで、斯くありたい。と思いつつ2年近く経ってBunkamuraで直に作品を見ることができました。

ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展

雨の降る金曜の夕方、少し肌寒いな、という心地のまま入場。金土は20:30まで入場可能。

壁づたいに、並ぶ作品を見る人が等間隔に歩を進める、時間と空気が停まったような不思議な空間に身を置いて、

「ここは柩の中のようなものだ」

だからヒンヤリとしていて、粛々と進んでいくんだな。でもなんか哀しくない。

と、頭に浮かんだ途端、この箱の中から出られないような出たくないような不思議な心持ちになって

ソファに座って会場を眺めたり、好きだなと思った作品に近づいて絵の中に写り込む自分の顔を見て照れたり、気に入った日本語と英単語の表現をメモしたり。

あっという間の90分間。

写真家がこの世から去っても作品は残って、時間が経って、異国の地で展示会をしたらその国の人たちが、1950年代のニューヨークで作品をつくりつづける1人の男性に恋をする。

世の中って、なんて自由なんだろう!

少なくとも会場のお客さんたちはときめいていると感じた。ライターさんに、被写体の女性に、ニューヨークの曇った空気に。

私は未現像のフィルムたちに心惹かれましたよ!

order

【てくてく本八幡】
“吊り”の洋服、ショップのお姉さんが身につけると素敵なのに、自分だと「あれ?こんなはずじゃなかった」と鏡の前で、苦笑い。

普段着なら登山用、スポーツ用ならばサイズ展開も割と振り幅が大きくて選びやすい。

こんな体型と好みの人には、仕立てる。という方法がありました。「おめかし」していく

local

…おおっと。A to Zが三日坊主になっていました。

iphoneから更新できるからつづくだろう、と期待していたけれどなかなかずくなし体質は変えようとしなければ変わらないわけです。


【てくてく多摩市】東京都多摩市

お里が知れる、とか里帰り、
さと、という言葉に惹かれますね。

自分だと、どこなんだろう?といつも考えます。

拠り所として、今思いつくのは二箇所かな。

小学生の時に住んでいた多摩丘陵は、懐かしい風景です。

あの頃と比べて少子化が進み、出身校は廃校になったと、担任の先生から連絡がありました。さみしいですね。

とはいえ、身長が今の2/3くらいだった目線で見ていた景色は今でも鮮やかなのです。

film

【てくてく戸越】東京都品川区

レコード、カセットテープ、MD、CD、ダウンロードする音楽。
8mm、ビデオテープ、レーザーディスク、DVD、ネットで見られる映像。

いろんな媒体を体験している、ちょうどいい時代に生まれたんだと思う。

フィルムが生産されていて、カメラを修理してくれる人がいて、現像やプリントをしてくれる人がいる間は、使い続けようと思う。

building

【てくてく小金井】東京都小金井市・江戸東京たてもの園

台湾の街中で、日本時代の建物がそこここに使われているのを初めて見た時は、「あれ?どっかで見たことあるような」不思議な既視感が。それからは、昔の白黒写真の映像とかで見ているまんまの町並みに「ああ!美しい」「ああ!ここも」ってシャッターを押しているんですが。

試合終了後、高校野球児たちの背中を黙ってポンポンとたたく監督とか先輩の姿、って美しいじゃないですか。そういう場に立ち会っちゃったら切るしかないでしょ。って、この言い方で伝わるんだろうか(笑)

あ、台南の林百貨や台中の宮原眼科のような今っぽいやり方のリノベーション案件も好きですよ。こっちは大活躍しているメジャーリーガーみたいな感じなのかな(瀑)。

台湾に足繁く通う内に、
あれ?気づいたら日本にも結構そういう建物って残っているし、同じように住んでいたりするんだなぁと気づいてからは積極的に巡っています。

たてもの園はジブリ作品と縁があるから見てみたかった。メイちゃんのお家でお茶してきたよ。メイドさんが愛らしかった♪

て 手タレ!?

ほほほ。

“本番”前に透明のジェルネイルしていただいてから、月イチでお世話になっているサロンMimi&Muaさんのブログでデビューしましたよ(笑)。

ネイルケアのお客様

お店に到着したとき(Before)と、帰る時(After)との差は「劇的」です。
(個人的な感想ですよ☆)

豊島区巣鴨3丁目24-5
やりたいデザイン叶えます◎駅近ネイルサロン♪

台湾映画 "太陽の子" (太陽的孩子)を観てきました

私、昔から涙もろいのです。とはいえ本当に涙腺が震えないとなかなか泣けない。

私は生まれも育ちも日本人で、台湾人ではありませんが不思議と台湾映画には「… (´;д;`) 」なにか、を心から引き出す力があるようです。


今回の映画 “太陽の子” (太陽的孩子)、は9/10に杉並区で開催されたまるごと台湾フェアで初めて観ました。

が、実は伏線があったことに後々気づくのです。今夏、高雄の藝術特區に行った時に風和日麗で太陽的孩子のコースターをプレゼントに貰ったこと。店内で何種類もCDの視聴をさせてもらった私に、嫌な顔ひとつせずお店のお姉さんが「私の一番FAVORITEはSuming-舒米恩よ、太陽的孩子は観た?」と映画のサントラをお勧めしてくれていたのでした。謝謝小姐〜♪

杉並で1回目見ただけでは足りずに、翌日静岡まで2回目を見に行きました。(鎌倉約會の予定を変更して、東海道線を乗り継いで静岡まで行った2人組(笑))

実際に観てみてどう感じたか…はね、「今度の休みは、おじいちゃんの顔見に帰ろうかな」「今度母親に会ったら素直に“ありがとう”を伝えよっかな」みたいな。灯油ストーブでコトコトあたたまった感じ(どんなだ!)。私の祖父たちは天国に居るのでお墓参りで会いに行くとして、母には会えるので少しずつ会う機会を増やしています。照れくさいけどね、触れて話せる期間て限られてるって最近感じるのです。

学生時代に見た映画「ワンダフルライフ」で是枝裕和監督の映像美を知ったのですが、先日見た「海よりもまだ深く」に通じる、ほっとする画作りを太陽の子にも感じました。草の、風の、雨の“匂い”がする。こんな風に写真が撮れたらいいなぁ。見た人が「家族を含めた自分を、いとおしく想う」感覚をふんわり思い出す“あたたかい”なにか。

  • 太陽的孩子PIXNET(一期一會影像製作有限公司)
  • 野嶋剛「太陽の子」上映プロジェクト fb

  • 予告編でも出てきますが、弟くんがママが残した留守電を聞きながら「うん、わかった…」って電話に向かって答えるシーンから泣ける。一度でも鍵っ子したことある人は同感できる心細い感情に刺さる。

    [MYLOHAS]心の栄養補給になる 橙色に惹かれる理由

    わ (*´∀`*)うれしい♪投稿10回目はだいだい(橙)色です。色鉛筆、クレヨン、クレパス、絵の具…絵を描く道具が好きなのは“色”があるからかな。なんて最近ふと感じています。塗り絵とかはじめてみようかしら…
    心の栄養補給になる。橙色に惹かれる理由


    (画像はMY LOHASより引用)

    最近気になっている「ものつくり作業場 atelier monotsukuri」のお教室。関西までシュパっ=3と飛んで行ったら参加できるかなー。行きたいなー。

    [MYLOHAS]やさしさをくれる色. 緑 に心奪われる

    投稿8回目は緑です。ページを更新するたびに「いいね」の件数が増えてる!つながってるんだと思ったらこのモニターの向こう側にいる誰かに伝わったのかもしれない、と素直に喜んでいます。ウレシイ(≧▽≦)〜♪
    やさしさをくれる色。「緑」に心奪われる


    (画像はMY LOHASより引用)

    写真も、文章も、引き続きがんばりますね。

    [MY LOHAS]七色のさきの光までも. 紫 を楽しむ

    今回は「紫」です。GWも終わり、もう初夏…ラベンダーが見頃の季節ですね。
    七色のさきの光までも。「紫」を楽しむ


    (画像はMY LOHASより引用)

    日々いろんなことにチャレンジできて幸せな一年だなぁと感じるこの頃。
    それもこれもたくさんの方のおかげ、感謝の気持ちでいっぱいです!

    Orchester & Chor AGORAでマタイ受難曲のアルトにも挑戦中( ^0^)θ~♪