taiwanbooks

【台湾を鉄道でぐるり】大西稚恵著

なにげなーく、書籍の検索で「台湾」を押したら、去年今年とドサドサ新刊が出ていてビックリ!

特に台中、台南、高雄など、台北以外の西側と、花蓮、宜蘭、屏東など東側を取り上げたものが多いのがうれしい。

この本もイラストや字体がかわいらしい、女性向けになっていたり、めずらしくホームステイの仕方も載っていたり、鉄ちゃんでなくても行きたくなる場所や情報が満載です。

特に好きな理由は、

私は横開きの本が好きだ!

だからこういう台湾本が出るとすごくすごくしあわせ♡

(読む時にスペースが必要だから満員電車の中には向かないけれど)

多分ヨコ位置の写真、が好きなのにも通じるんです。

本、て
サイズ感、インクの匂い、手触り、全部作り手の愛情がにじみ出てしまうと思うのです。

だから内容も大切、見た目も大切。

本離れ、とか言われるけれど実はそういうのが見直され始めてる気がするこの頃。

おっ!と。本筋から外れましたが、次回はこの一冊を持って、東部のバッグ屋さんに行きたい。

確か駅から遠いんだ〜。暑いだろーなぁ😵

初めての台鐵

交通部台灣鐵路局 が台鐵の正式名称のようですね。
高雄ー台南間は乗ったことがありましたが、
今回初めて東へ、知本温泉へ行くため鉄道に乗りました。

牧歌的な風景と、車内の緩やかなムードに癒されましたが、
女性兵士の方々と乗り合わせてちょっとドキドキしました。
今度はどこへ行こうかな。。。